今日の伽羅

ささいな出来事から マニアックな話まで 思いつくまま綴っています。

 

疾風怒濤ときどき晴れ


Category: 音楽   Tags: ---
テクノ少女だった中学時代 雑誌「サウンドール」で見たゲルニカに興味を惹かれたのが出逢いでした。
丁度デビューアルバムの発売前、しかし中学生にとって LPレコードは高価な物なので 冒険は出来ない。
そんな時 発売に先駆けてラジオでゲルニカの特集番組が有り エアチェックしたら気に入ったので購入したのが「改造への躍動」でした。
当時私は中学三年生で 卒業の寂しさを癒やしてくれたのは ゲルニカと矢野顕子だった。(´;ω;`)

中学から高校に掛けて 私の趣味は段々HR/HMに移行して行くのですが 純ちゃんは二十代まで聴いていました。
手平のNew5で対バンしたバンドが ヤプーズのコピバンで 演奏は・・・だったけれど 骨付きの鶏もも肉(もちろん生)を振り回しながら唄っていたのは面白かったな〜〜(o´∀`o)

二十代中頃に当時のVoさんと勝浦に旅行した時に 玉姫様を熱唱しながら走った海岸線。
まさか車の中であんな怪しい歌を歌ってるとは誰も想像だにしなかったことでしょう(笑)
曲ってその時々の思い出が蘇りますよね。

純ちゃんの曲(純ちゃんが作曲した訳でないけれど)って 切ないのが多いんですよね、飢餓感というか 息が苦しくなるような・・・私には聴いてて涙がにじんで来ることが有ります。
勿論好きな曲も有れば 何とも思わない曲も有りますけど。(^_^;)

私の持って居る音源がアナログ盤だった事と HR/HMにどっぷりになって その後はあんまり聴いて居なかったのですが 先月発売された純ちゃん本人の歌詞解説集を読んだのと、昨日発売された「戸川純 with Vampillia」名義によるアルバムがめちゃめちゃ格好良かった事で 最近また純ちゃんにハマってしまっていました。(笑)
一人カラオケ行って 唄いまくりたい!!<< o(≧▽≦)o >>爆

本

その歌詞を書いた頃の精神状態、表現したいことと制約、自分についてなど語っていて あっという間に読んでしまいました。
私は彼女に「繊細」で「可愛い」というイメージを抱いていたのですが この本を読んで「知的」が加わったのでした。(#^_^#)


Comments

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
プロフィール

caraway

Author:caraway
HR/HM
きのこ
お出かけが好きな主婦です。
80's風HRバンド ”つちぐり” 
昭和骨董品HRバンド ”LIMIT” 
ZEPカバーバンド"LIMIT NINETEEN"のベーシスト。
つちぐり1stアルバム「幻」ミュージックマートイワキさんにて販売中!
視聴はこちら
当サイトからの、複写・転写・二次使用はご遠慮下さい。

 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
QRコード
QRコード
 

Archive   RSS   Login