今日の伽羅

ささいな出来事から マニアックな話まで 思いつくまま綴っています。

 

サポーター


Category: ひとりごと   Tags: ---
今朝いつものように 8時40分頃家を出ると 50Mぐらい走った所の道の端に ランドセルを背負った男の子が座っている。
アレ?と思いながら 通り過ぎながら見ると どうやら近所に住む 息子の同級生ではないか!?
うちの息子が登校するのは7時40分頃、たまに一緒に行ってるから 遅く見積もっても 30分以上は座り込んでた!?
急いで引き返し 声を掛ける。
「どうしたん!」
「しんどい・・・胸の辺り気持ち悪い」
彼のご両親も共働きなので「お母さんはもう仕事へ行ったの?」と訪ねると 無言で頷く。
ほっていく訳にもいかないし とりあえずお母さんの携帯に電話してみるが 出ない。
「学校まで行ける?保健室で寝かせて貰ったら?」と言うが しんどくて行きたくないのか無反応。
こうしている間にも時間が経って 私が遅刻してしまう。

再度 お母さんに電話、でもやはり出ない。
中番で寝ている旦那を起こして 面倒観て貰うか?
私が休みをとるか?
電話しながら そんなことを考える。

すると 1人のおじさんが自転車でやってきた、見ると「きしゅう君(和歌山警察のマスコット)」の帽子を被っている。
私に向かって「お母さんですか?」と問うので 違う 近所の者です、と答えた。
どうやらその方は 地域のサポーターの方らしく その方の奥さんが 子供が座り込んでるのを見つけて 連絡したらしい。
お母さんに連絡が付かない事を告げると サポーターの方が「私は△△の○○と言います、とりあえず 一緒に学校に連れて行きますので お母さんに連絡とって下さい」と言うので、私の面識の無い人だけど 預けて良いものか少し不安な気持ちも有ったが 変な人には見えなかったし ここは信用してお願いした。

職場に着いて 再度電話したが 無理だったのでメールを入れておいたら 1時間後ぐらいに「今から学校に迎えに行きます」と返事が来ていたので ホッとした。
サポーターの方々って 無償で地域の子供達の為に 低学年の登下校に付き添ってくれたり こういう時に対応してくれて助かるなぁ~と 思う反面 ちゃんと送り届けてくれていたから良いものの もし何か有ったら私の責任になるかも知れないので 私が最後まで面倒見た方が良かったのかな、と 未だに考えます。

その場合 会社には何て電話する?
「近所の子供が 体調悪くて道ばたで座り込んでいたのですが ご両親と連絡が取れないので 遅刻します」???
それは 通用するのだろうか!?

テーマ : 日記    ジャンル : 日記

09 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

08

10


 
プロフィール

caraway

Author:caraway
HR/HM
きのこ
お出かけが好きな主婦です。
80's風HRバンド ”つちぐり” 
昭和骨董品HRバンド ”LIMIT” 
ZEPカバーバンド"LIMIT NINETEEN"のベーシスト。
つちぐり1stアルバム「幻」ミュージックマートイワキさんにて販売中!
視聴はこちら
当サイトからの、複写・転写・二次使用はご遠慮下さい。

 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
QRコード
QRコード
 

Archive   RSS   Login